アーカイブ

Archive for 2009年3月

結果きた!

本日、新作の『巡音ルカ プチ(たこルカ、マグロ付)』の許諾OKをいただきました。
4/5のトレジャーフェスタで販売予定です。

元々たこルカとかつける予定でもなかったので
¥1500は比較的手を出しやすいのではないかと
本当に「ね○どろ○どプチサイズ」なので小さいですけどね

これで一足お先にフルラインナップ達成です。
(だからなんだということもないですが・・・)

 

許諾より先に型取りに入っていたのでヨカッタヨカッタ

 

今後を含めて完成品が数体必要なので今週何とかがんばります。

カテゴリー:版権モノ

WBCおめ!

いやー良かったですね日本。
決勝までいっても負けたら暗いニュースにしかならないですからね。
本当に勝ってよかった。

試合はじっくり見てたかったのですが
なぜか自分が見ているとき、
特に試合開始から見ているとなぜか点が入らないので
妙なジンクスですがあとの試合からは
なるべく見ないでたまにTVをつけてチラ見する程度に

特に岩隈はね本当に苦労してきただけによかった。
アテネでの屈辱に、近鉄合併で楽天へ、2段モーション禁止でフォーム強制改造
怪我で勝てなくなって何の実績もない野村の息子にまで怒鳴られる始末。
でも去年見事に復活してくれました。

 

さてさて、トレフェスの版権結果がまだです。
うーん、週末には型取りしないとやばいんだけどなあ
別所でタコの版権がおりているのでもしかして大丈夫?
とも思ったのですがすんなりとはいかないようです。

ルカの再販のほうはOK出てるんですがやっぱり新作扱い
ホビコンのときと同条件なので最終的には計3つ完成品作ることになるかな(;´Д⊂
状況によってはWFでは再販しないかも

可動素体はもう間に合わないので
5月のホビコンにあわせて製作する予定にしました。

その前のWF版権申請での新作もやっぱり無理はしないでおこうとも思います。

 

WBC優勝特価というわけではないですがAmazonさんで
タミヤの高級ニッパーが安いですね。

はやくシリコンとキャストも扱って欲しいものです。

カテゴリー:未分類

模型作業用PCを考える「超小型PCの利用」

簡単に超小型PCの利用なんて書いてしまいましたが
8インチ以下の超小型PCがそうそう格安で買えるわけ…
・・・ってありました。というかもう買っちゃいました。

正直、性能は最低の部類ですがそれよりもまして

  • タブレット型で液晶の回転、ペン操作が可能
  • ワンセグも搭載 、窓にくっつける外部アンテナも付属
  • ステレオスピーカー内臓
  • ACアダプタが2個
  • それほど安っぽくないPCケースも付属

一昔は小さいだけで性能が低くてもかなりのプレミア価格になっていたことを考えると
無駄にすごい内容です。

KOHJINSHAというあまり聞きなれないメーカだとは思いますが
日本の会社でありソーテックを離れた社長が設立した会社です。

買ってしまったので少々感想を書くと

  • 液晶は7インチでまさにポータブルDVDプレイヤーサイズ
  • 外観はプラスチッキーだが液晶のヒンジを含め思ったよりもしっかりしている。
  • 底面とキーボード以外はフィルムが貼ってあるので剥がれるまでそのまま利用するほうがいい
  • USB×1とLANにはコネクタカバー付、カードスロットにはダミーカード
  • 液晶はタブレット型ではあるが思ったよりかなり明るい
  • スピーカはおもちゃっぽいがステレオ感は一応でる
  • キーボードは良くできているものの小さすぎて打ちづらい
  • ACアダプタは小さく、コネクタ部分はしっかりしており良い物
  • CPUやHDD性能が低いがOSがXPのおかげか思ったより使える
  • ワンセグは全画面表示は拡大されるだけなので通常サイズで見るほうがいい
  • ファン停止ユーティリティがある。(でも発熱的にはあまり利用しないほうがよさそう)
  • アナログTVキャプチャのMpegファイル、YouTube、ニコニコ字幕なしあたりではスムーズに再生可能

折りたたんでのペン操作がメインと考えれば多少の動作のもたつきは許容範囲だと思えます。
(性能的なもたつきよりも操作性でのもたつきがあるので思ったより気にならない)
それよりも模型作業用としてだけではなくイベントに持ち込んだり布団に持ち込んだり(?)と
小さいだけにいろいろ活用法は考えられますね。

値段からいってもこれ以外には無いというほど模型作業用としてはぴったりのPCです。

 

自分はとりあえずカーナビ用の液晶フィルム、ホコリよけ用のアクリルボードをダイソーで買っておきました。
液晶フィルムは縦横サイズが少々合いませんが¥100で済みます。
他にペンをなくすことが心配な方はDS用のペン、指、スパチュラ(?)でも代用はできますよ

 

他にお勧め強化ポイントとしては
予算がある方は上位モデルの

をお勧めします。
GPSなんてイラネと思うかもしれませんがこちらですと
Bluetoothハンドストラップも付属します。
少々高くは付きますがワイヤレスにできるBluetoothマウスやスピーカも使えますし
ハンドストラップが付いていれば吊り下げPCなんて荒業も可能です。
(付属の液晶の回転ユーティリティを使えば可能)
追加購入することはできないので最初から強化できるポイントは強化するほうがいいでしょう。

カテゴリー:パソコン活用

模型作業用PCを考える

えー、いつもどおりスタート時点の勢いも無く
地道に修正作業だけなので特に更新できそうな内容もありません。
あと2週間だというのに

なので
模型作業でのパソコン活用法でもたまに書いていこうかと思います。
アフェリンクなども入れたりしますが気に入らない人は無視して下さい
お慈悲がある方は三流ディーラに多少なりとも援助を(╥△╥)

 

まずはじめにパソコンを利用する上で
どのようなパソコンにしたらよいかですが
利用目的から考えると以下あたりでしょうか

  • 資料確認(設定画等)
  • デジカメの取り込み
  • 音楽鑑賞
  • 動画閲覧

大体今のPCならできますし
動画閲覧に関してはニコニコの字幕ON、ハイビジョンや地デジの動画
閲覧でなければ格安のネットブックでも大丈夫です。(反応は鈍いですが)

 

他の条件としてとにかく模型作業の近くに置くわけですから
粉塵で壊れる、汚れる、火事になる危険性まであります。

なのでなるべく安くそろえたいところです。

一番良いのは新しいメインPCを買ったら
古いPCを模型作業用にというパターンですが
本体や液晶のサイズ、粉塵の吸い込みやすさなどを考えると
必ずしも利用できるとは限りません。

 

模型作業用PCとして選択するポイントは

  • 8インチ以下の液晶サイズ >設置場所確保、手元から目線の移動が少なくてすむ
  • コードレス化       >ケーブルは邪魔だし危ない
  • できるならファンレス   >粉塵を吸い込まない
  • 壊れても泣かない      >データはメインPCに保存

このあたりでしょうか

 

方法としては2つ「超小型PCの利用」「メインPCのリモート化」です。
次はこの2つの方法について説明したいと思います。

とその前に、電源だけはコードレス化できないですし普通に模型作業に電源タップは必要なので
ホコリが入らない電源タップを利用しましょう。

PCは電源をOFFにしても電気を消費するのでスイッチつきのほうがより安全です。

カテゴリー:パソコン活用

予定

いまさらですがホビコンGK01でお買い上げいただいた皆様
ありがとうございました。

いやーやっぱりすごかったですね…お隣w。

こちらはとりあえずルカが最速イベント販売ということで
いくつかイベントレポに載せていただき
「写真いいですか?無縁ディーラ」
から一歩踏み出せたかなと思っている次第です。

今後もいちおうオリジナルの素体シリーズと
版権ものの両建てで行こうかと思っています。

 

今後の予定といたしましては
4月のトレジャーフェスタで版権がおりればルカのプチバージョン
あと可動素体の製作に入ってます。

可動素体は当初1/8程度のサイズで製作しておりましたが
最近のアクションフィギュアサイズで作り直してます。

とはいってもいつもどおりレジン100%のボールジョイント方式なので
figmaあたりよりはちょっと大きいぐらい。

 

figmaのほうがどうやら
・間接パーツを市販する
・それらを使ったガレージキットの製作販売を奨励する
方向のようなので直接は関係ないですが
このサイズあたりがやはり盛り上がりそうということで
方針転換しました。(*´∀`)

まあボール式であれば凸部分を切り取れば
間接パーツを仕込む隙間もできるしね。

 

5月のホビコンも参加
可動素体は遅れればこっちで販売かも

で7月にWFですね。
今回のWFには再販も含めて複数の版権ものを持っていきたいとは思ってます。
去年夏はペナルティ、冬が開催中止だったので
すでに製作開始から1年経過してしまった
バニーカレンがあるんですよね。

放送開始前だったので設定画そのままのポーズではあるのですが
製作期間が長くなったこともありだいぶ形状がまともな感じにはなってきました。

あと余裕があれば
またもや話題先行狙いで夏発売予定のゲームキャラを1つ考えてます。
ギャルゲーやったことないくせにギャルゲーのキャラですw。
これは製作中の可動素体を芯(固定)にして作ろうかとも思っているので
そちらが早く出来上がらないと難しいかな。

他に各イベントで胸像素体の修正版をちょこちょこ組み込んでいきます。

 

 

ついでにHP用の写真をあっぷ

カテゴリー:オリジナル