ホーム > パソコン活用 > Blu-Rayドライブ導入

Blu-Rayドライブ導入

タイトルとは関係ないけど代引手数料について

普段買い物をするとき代引で購入することが多いと思いますが
代引手数料は購入代金によって変わりますよね。
通常は購入代金+送料+ほか手数料などとなることが多いかとは思いますが
その合計金額に対して変動となる手数料なのに
あるSHOPでは代引き手数料自体の金額を含めるっていうことがありました。

まあシステム上店舗としてはそうならざる得ないのかもしれませんが
だったら最初から代引手数料についての部分で
代引手数料分を引いた金額に対していくらになるか表示しておくほうがすっきりすると思うんだけど
なんか小額詐欺にあった気分だ

 

 

さて、番組改編の時期になったこともあり
PCで録画した番組などの整理にDVD-Rなどを活用している方もいると思います。
しかし安くなったとはいえ大量に必要になるし入替えも大変。

なので、まだまだ早いかなと思っていましたが
だいぶメディアも安くなりましたし
単純に大容量バックアップメディアとして良さそうかなと思い
Ble-Rayドライブを導入してみました。

現状では
Ble-Rayが¥5400/20枚(総容量500GB)
DVDが¥1800/50枚(総容量235GB)
のような値段になると思います。

DVDの方がまだコストパフォーマンスが良いですが
ディスク枚数が増えることによる書込み、入れ替えのめんどくささ、
ファイルサイズが大きいと4.7GBきっちり使えないことによるロスの多さ
保管の場所とか購入するときに重くなるとか
まあいろいろと改善できるところは多いので
そろそろ頃合なのではないかと

HDDをバックアップメディアにしたほうがよりコストパフォーマンスが良いですが(¥8000/1TB)
やっぱり機械部品ですし機械的に書込禁止にできるわけでもないので
バックアップメディアとしてはちょっとね

 

一昔はDVDなんて大容量のメディアそうそう使わないよなと思っていましたが
今ではWidowsXPのOSイメージも入らなくなっちゃいましたしね。
動画をとりためていたらあっという間に何枚も消費してしまいます。

 

ちなみにドライブはこちらを

もっと安いドライブもあるのですが
技術的には発展途上中のものですし
Ble-Rayは著作権保護対策とかいろいろと組み込まれているものですので
ソフトウェアなどを含めなるべく最新のモデルを購入するほうが良いかと

ちなみに今TDKの4倍速メディアに1枚焼いてみましたら23GBを8倍速で13分程度で済みました。

さらに試しに安い読出し専用バルクドライブも

USB外付けケースに入れて書き込んだメディアが読込めるかどうか試してみましたが
特に問題ないようです。
ただこのドライブは消費電力は高いようでバスパワーでは読込すらできない(;´Д⊂
Ble-Rayが不要な方は普通に市販のDVDドライブ買ったほうがいいですね。

 

 

さて購入記録だけで終わらすわけにもいかないのでちょっとしたテクニックを

書き込んだディスクの内容を検索できるようにしておく

デスクトップ検索ソフトを利用し
ディスク内容をテキストで保存しておくことで実現できます。

1.検索ソフトをインストール

デスクトップ検索ソフトはコレとかコレとか
最近のPCには初めからインストールされている場合も多いです。
ちなみに検索結果がすぐ出てこない方は
・検索対象のファイルの種類が多すぎる>必要なもののみにしましょう
・メモリが少ない>増設しましょう
・HDD性能が遅い>あきらめましょう
のどれか

2.ディスク内容を保存するフォルダの作成。そこを検索対象に含める

D:¥disk_txt
とか

3.ディスクに書き込む内容を1つのフォルダに集めてディスク番号を振る

D:\Anime-001_20090413
とか

4.書込みできたらコマンドプロンプトを開いてその内容をテキスト化

C:\Documents and Settings\xxx>dir D:\Anime-001_20090413 /b /on >D:¥disk_txt\Anime-001_20090413.txt

dir で対象ディレクトリ内容の一覧表示 /b /onはオプション
>XXX.txt でその内容をテキスト出力です

フォルダで一覧表示される内容しかテキスト化されないので
無駄に階層深くフォルダを構成するのはやめましょう
なるべく検索結果に引っかかるようにフォルダ名、ファイル名をつけてゆくのがコツです

 

すでに大量に光メディアがある方は
E:\がDVDドライブだったりすると

C:\Documents and Settings\xxx>dir E:\ /b /on >D:¥disk_txt\Disk-XXX.txt

Disk-XXXとかディスク番号をつけながら入替えていくとデータ化していけますね。

 

これでデータを光メディアにバックアップしても
ディスク番号をレーベルに書いておけば
すぐにどこにバックアップしたかわかるようになります。
レーベル印刷できるプリンタを持っている人も役に立つと思いますよ

広告
カテゴリー:パソコン活用
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。