ホーム > パソコン活用 > USBサブディスプレイ

USBサブディスプレイ

OPP芸人ならぬOPPモデラーのHさぶろーです。
いや正確にはOCC(おしっこしーしー)モデラーかな

ほんとに最近近くなって困りもんです。
イベントのこと考えると抜けられなくなる状況はかなりヤバイ(;´Д`)

 

安くなってたので買ってみました。

他所と同じのDisplayLink社製のチップを使っている奴です。
こちらから最新ドライバーを取得してインストールしてみました。

組み合わせによっては不安定になることもあるこのテのモデルですが
とりあえず自分の環境では大丈夫ですね。
安定してます。

2股のUSBケーブルが70cmほどしかありませんが
そこらへんにあったUSB延長ケーブル1本で
動作させても特に問題はありませんでした。
(電源補助用のUSBをつながなくてもOK)

  • スタンドが思ったより安定しない(滑る場所で)
  • パネルはノングレアなのにフレームがテカテカ
  • ボタンがタッチ式で音も出ないので押した感覚が全く伝わらない
  • 見る角度で色変化が大きい
  • 色温度が低い。(LEDバックライトの製品にありがち?)
  • 色調整機能は用意されていない。
  • 応答速度が遅いけど気になるほどではない
  • 残像防止機能というものがあるが一定期間で画面がブラックアウトして再点灯するだけ
  • Windows7でテストしたが現状では使えない(ドライバー未対応)
  • XP環境で使えたプレイヤーはWMPとGOM Player
  • フォローするとこれでも液晶はきれいに見える方らしい、保証は3年で一番長い。

 

色関係に関しては単体で見ればそんなに気にならないけど
サブディスプレイなのでメインディスプレイとの違いがはっきり出てしまいます。
やはり調整機能はほしいですね。

またCore2Duo3GhzのPCで動画を再生するとCPU使用率が30~40%に達してしまいます。
このぐらいのパフォーマンスがあれば非常に有効ですが
せめてデュアルコアのCPUでないとキツイかな

 

ひとつ気になっていたのがUSBサブディスプレイで
GPUの動画再生支援は有効になるのかということ
(使っているPCにはRADEONを搭載)

GPUをCPUでエミュレートしているので
普通に考えれば有効にはならないのですが
それ以前にGPUサポートを受けられるプレイヤーが軒並み動作しませんでした。
(PowerDVD>ハングアップ、MPC、GOM[外部コーデック]>映らない)

描画方法の違いで見れないのかといろいろ設定をいじってみましたが
同じ結果でした。

 

もともと模型用PCには小型液晶をセカンダリに付けているので
こちらは使用する予定はないけど
CPUパワーが必要だし
使えるプレイヤーも限られるのであまり有効ではないかもしれませんね。

ただしUSB1本で電源も必要ないので取り回しは非常に楽です。
ちょっとした動画を暇つぶしに見ておくぐらいならいいかもしれません。
写真関係などはメインディスプレイで操作すればいいし

 

豊富なUSBサブディスプレイと比べて
小型液晶は種類が限られなかなか手に入らない状況にもなってきました。
規格的にもアナログRGB端子だけでは将来的に不安です。

なのでこの際小型地デジ液晶テレビをPCと兼用で購入しているのもいいかもしれません
ちょっと大きめのモバイルノート液晶サイズなのでうまく場所が確保できればいいアイデアかも

広告
カテゴリー:パソコン活用
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。