アーカイブ

Archive for 2009年8月

ニートでメタボなモデラー、温泉に行く

ヘルシアウォーター、ダノンBIO、ヴァームゼリーダイエットスペシャルを食べているのに
「あれ、最近買ったはずのパンツのゴム苦しくね?」なHさぶろーです。
き、気のせいだなたぶん…

 

プール行っている時、恥を忍んでビート板で泳いだら25M泳ぎきれませんでした。
学生時代に部活しているときからそうなのですが自分はどうも膝の筋力が弱いようです。

それでプールやランニングだと膝を鍛える前に体力が尽き休んでしまうので(;´Д`)
最近はもっぱら自転車で遠出をするように

 

以前、埼玉県あたりを回ったとき線路沿いを移動しようと計画して
「俺は線路があるところには道があるんだと思っていた」
「他県の人間はな…何を言っているのかわからねーと思うが、 俺も(道がない)意味がかわからなかった…」
でさんざん迷いました。

しかも歩道自体が同じ道でもあったりなかったり、細い道でもまっすぐ通らなかったり
車はそんなところをビュンビュン飛ばしてくるので
鈍くなったメタボ向きじゃありません。

なので\100SHOPで買った地図を装備し都内を巡る旅へ

 

第一目標はこちら

広い池の向こうに風車が見えるなかなかの景色。
公園自体はこの池がほとんどですがぐるっと回ればそれなりな散歩道ですね。

 

途中地元の模型店を巡りながら第2目標

団地や住宅地のそばにあるそれほど広くはないけど自然豊かな公園。
こちらは開園時間が決まっているようで、
昨今の防犯上の問題で丸裸にされている公園とは一線を期します。

自転車は入れないので歩きましたが木々で日陰になるので
夏場のこの時期は散歩するのにいいところですね。蝉やら鳥がけっこう鳴いてます。


田んぼがあったり古い民家があったり

昔、俺が小学校低学年まではじいちゃん、ばあちゃんの家もこんなだったなあ(注:23区内)
そこに生えている木にはカブトムシは来なかったけどクワガタはけっこうきたし(注:23区内)
道の端から端までありそうなでかい蛇も見たっけ(注:23区内)
今ではすっかり道路の下です。

 

そして温泉ついでな第3目標
 
広くないですが休日にはボートが漕げるようです。

 

最終目標の温泉へ

ここはネットでコースの下調べをしているとき偶然見つけたのですが
板橋はどうも隠れた温泉施設が多いようです。

東京の温泉と言うと有名なのはお台場、後楽園、としまえんだったりしますが
どこもリゾート系で料金が高め。

こちらはスーパー銭湯系なので平日\800とそれなりにリーズナブルです。
平日の16:00ぐらいだというのにお客さんがそこそこいました。休みだと混みそうですね。
施設自体はあまり広くはないけど源泉かけ流しの湯もあったりします。

併設して食事が取れるところがありますが
そちらは綺麗な庭を見ながらなかなかおいしいそばを食べられます。
でもセルフサービスなのがちょっと興ざめ

 

先日行ったGreenDiversからはちょっと遠いいけど歩いて行けない距離でもないと思うので
他に見るべきところも少ないですし時間がある人は向かってみては

温泉でマッサージチェア代(\200)をケチった分
帰りに家電量販店のマッサージチェアを存分に試させていただきました。

 

さて、なんか疲労も少し取れた気がしますし今月末の予定、大丈夫かな。

広告
カテゴリー:未分類

ニートでメタボなモデラー、プラネタリウムへ行く

体力つけるつもりがだんだん坂がきつくて自転車を降りるようになったHさぶろーです。

今日はいまさら都内でやっているというGreenDiversを見てきました。\300だし

普通にアニメでしたね。
そしていつも通りのナレーションから入るガンダムでもありました。
ガンダム部分は25分ぐらいでしょうか。

何かプラネタリウムでしか上映できない特殊なものかなと思っていたのですが
演出的に利用する以外、別にプラネタリウムである必要がないかなとも思えます。
(たぶん映写機が1台しかないからかな)

もう8年前の作品なんですよね。
プラネタリウムの映写機の性能もよくなかったからか
あまりはっきり見えませんし今と比べるとCGの技術も大して見るべきところはありません。

科学考証をウンタラカンタラとは言われてますが
ガンダム見てればでてくるレベルの話です。
それよりも主人公の女の子がファ並みのミニスカートで
無重力空間を漂うのは親子連れがほとんどのプラネタリウムで
教育上よくないのではないかと心配してしまいます。

 

ここでは他に実物のトリケラトプスの頭の骨が飾ってたり
子供が短いリニアモーターカーに乗ったりしてました。

親子で来ればタダで遊べる古いゲーセンみたいな感じです。
むろんいい年こいた大人が一人で来てたりはしません。

 

一応映像ソフト化されていないガンダムではあるので
上映期間も長いですし興味がある方は行ってみては

カテゴリー:未分類

模型作業用PCをWindows7へ(ソフトウェア編)

Windows7はある程度Vistaと互換性があるのでそれなりに動くとは思うのですが
それよりも64bitのほうがネックになる場合が多いかもしれません。

使用しているソフト・問題になりそうなソフトで試してみました。

 

クラウド:WindowsLiveソフトウェア

特に問題はありません。それよりはWindows7になったことで
ログインアカウントとLiveアカウントを紐づけられるソフトウェアがリリースされてます。
ダウンロードの詳細 : サインイン アシスタント

試してみたところ既存のLiveアプリケーションが個別にログインが必要なのは従来と変わらず。
Windows7特有の共有機能で有効に働くように思えます。

メール・カレンダー:Liveメール
画像整理:Liveフォトギャラリー
動画編集:Liveムービーメーカー
メッセンジャー:LiveMessenger
ファイル同期:LiveSync

これらで賄います。

 

アンチウィルス:AVG8.5

まだ他の大手セキュリティベンダも対応してない中、早々に対応版がリリースされました。
AVG Free – AVG Anti-Virus Free Editionをダウンロード

しかし64bit対応ですがどうもネイティブ対応ではない模様
まあ検出できれば文句はありませんが

もうひとつの期待としてはマイクロソフト純正のMicrosoft Security Essentials Markets
こちらは今年後半までには登場する模様です。

 

RAMディスク:Dataram RAMDisk

PCの性能か、Windows7の性能か、64bitの効果か、SSDだから元々速いのか原因は分かりませんが
IEが非常に高速になったので必要性はそれほど感じません。

余っているメモリ領域の有効活用と一時ファイルの展開先として
(ダウンロードしたファイルで1回しか使わないものとか)
64bit対応のRAMディスクはこれぐらいなので使えたら使ってみようかと

窓の杜 – 【REVIEW】64ビット版Windowsに対応した“RAMディスク”構築ソフト「Dataram RAMDisk」

特に問題なくインストールできました。

そのままだとディスクラベルがないので
「Load and Save」のタブから「DiskLabel」にチェックを入れます。

注意したいのが、「Create TEMP deirectory」の項目。
一時ファイルの移動かと思ってチェックを入れて再起動したらブルースクリーン
セーフモードで設定をはずさなければならなくなります。

その他には設定画面を出すとHPへの広告が出るぐらいですので通常使用は問題ないかと

 

ブラウザ:Grani

せっかく「お気に入り」を同期しているのでIEでもよいのですが
マウスジェスチャやボタンの割り当てなども利用したいのでGraniを使います。

フェンリル|フリーソフト|Grani(グラニ)スウィートでちょっぴりビターなブラウザ

きちんと標準ブラウザとして動作します。
RAMDisk効果もあるのかなんかさらに描画が速くなった感じに。
なおGraniにすることによってPicture Ace Liteが問題なく動作するようになり
Irvineも警告なしで起動できます。

 

仮想BDドライブ:Virtual CloneDrive

64bit対応ではありませんが動作します。
SlySoft – ダウンロード

しかし読取エラーと思われるノイズが頻発。ISOファイルがネットワーク越しのせいかもしれません。

 

USBサブディスプレイ

まだ試してませんが将来的には期待できそうです。
DisplayLink: DisplayLink: Windows Drivers

 

他にも試したいものはありますがハードウェアやドライバに依存するもの以外は大丈夫そうですね。
バックアップ運用とNorton、マザーボードベンダの対応で安定したところを見計らって
メインPCを移行したいと思います。

カテゴリー:パソコン活用

模型作業用PCをWindows7へ(構築編)

さてインストールするOSは
Windows7 HomePremium 64bit

いずれメインPCを64bitへとも考えているのでそれを兼ねてのテストでもあります。

 

インストールは無事終了。

オンボードグラフィックとしては性能は良いはずなのですが
エクスペリエンスインデックスでは数値があまり良くないです。

ちなみにAMDのドライバーでなくWindowsUpdateのドライバーのほうが
ゲーム用グラフィックスは良い値が出ます。(「5.5」に)
※Windows7での上限数値は7.9

 

フルAMD仕様になったことですしAMD OverDriveを試してみました。
しかしながらどの設定に変更してもフリーズ、ブルースクリーンと満足に設定できません。
まあ安定性第一ですしせっかくの省電力機能を犠牲にしてまでやることはないので
ここは潔く諦め。ハードウェアモニタとしてのみ使用することにします。

 

で一つ気付いたことはGPUクロックがおとなしすぎるということ。
790GXはGPUクロック700Mhzのはずですがターゲット速度という値が300Mhzになっています。
アイドル時には現在の速度は60Mhzまで低下。

もしかするとこれが原因でエクスペリエンスインデックスの値が伸びないかと
いろいろ試行錯誤しましたがこれは特に問題なく
フルHDの動画を再生すると以下のようになりました。
ちゃんと700Mhzあたりまでは上昇するようです。
 

ちなみにH264の動画を再生したときはCPU使用率はほとんど上昇せずGPUクロックも500Mhz前後ですが
VC-1(WMV)の場合はCPUもある程度消費しつつGPUクロックは700Mhzあたりまで上昇します。
音声デコードの負担が大きいからかもしれません。

また再生したファイルが原因かもしれませんがH264の映像はどうもなめらかに再生できていないように思えます。

 

Windows7ではAeroが必須?

他のPCにもインストールしてみましたが
動画再生支援がないPC、Aeroが有効にならないPCで
H264動画を再生するとエラーになってしまいます。
標準でインストールされるコーデックはWDDMドライバーが前提になっているのかもしれません。
別のプレイヤーの内蔵コーデックの場合は特に問題なく再生できます。

またWindows7 StarterでもH264の動画再生は可能のようで
Atom ZシリーズのUS15Wでも動画生成支援が有効になるようです。
Windows7StarterではDVD再生機能が不可になっています。

またRCでは不安定だったUS15W(Intel Graphics Media Accelerator 500 )用ドライバーでしたが
RTMでは安定というか異常なほど高速になりました

なんとエクスペリエンスインデックスはグラフィックスが「4.6」!
GPUクロック200Mhz、DirectX9までしか対応していないオンボードGPUが
オンボード最高性能を誇る790GXに大差をつけています。

不可解極まりないですが最近になってAtomZ系搭載のPCが増えている原因はこれなのかも

 

HomePremiumでComplete PC バックアップとボリュームシャドーコピー機能が使える

VistaのときはHomePremiumでは使えなかった
HDDをフルバックアップするComplete PC バックアップ
(Windows7では「システムイメージの作成」に変更?)と
過去にさかのぼってファイルを復元する
ボリュームシャドーコピー機能(「以前のバージョン」)が使えます。

 

HDDを消費してしまう機能なのでボリュームシャドーコピーは無効にしたい人もいると思いますが
特に設定画面は用意されていないのでサービスを無効にしておくしかないのかな。

 

Vista(32bit)から7(64bit)へ移行できない?

もともと32bitから64bitへのアップグレードはサポートされていませんが
Windows転送ツールを使用すればデータや設定は移行できるだろうとタカをくくっていました。

実際行ってみるとWindows7(64bit)のDVDに含まれているWindows転送ツールは
64bit専用のようで実行すらできません

仕方がないのでとりあえず念のためVistaに付属している
Windows転送ツールを使用してバックアップだけしておくことに

そして新しいPCで試しに
Vistaで実行したWindows転送ツールの移行用データを
Windows7(64bit)のWindows転送ツールで復元してみると
データはうまく復元されました

設定についてはほとんど無視されるようですが
データが所定の場所に復元されるだけでも助かりますね。

 

体感的にはこの程度のPCでもかなり早く感じます。
起動時間も短いですし、何よりXPはログインしてもすぐ操作できないことが多いですが
Windows7はすぐに操作が可能なのがよいですね。

機能的に個人はHomePremiumで十分と感じますし
性能に我慢できるならネットブック用であるStarterを割り切って使うのもありでしょう。
Professionalは企業向けかどおしてもXPmodeが使いたい人向けなのかもしれません。

OS単体で購入を考えている人は価格差があまりないことを考慮すると
ProfessionalよりはUltimateでしょうね。

カテゴリー:パソコン活用

模型作業用PCをWindows7へ(ハードウェア編)

新OSだしねー、弄っておかないとねー、必要経費だしねー。
自分に対しての理論武装は完ぺきなHさぶろーです。

とはいえほぼニートなので出費は極力抑えなければなりません。
「だったら今のやつOSアップグレードするだけでいいじゃん」
そいう突っ込みはなしでお願いします。

 

はじめはMini-ITXや小型ベアボーン、はては格安ノートPCまで
検討したのですがどうにもトータルコストがかさみます。
せっかくアップグレードするのですしグラフィックは強化したいところ。

小さいケースでは静音性や防塵対策もしにくいので
ここは思い切って小型のATXケースにしました。

開口部が少なく、高さや体積はあるものの設置面積は
さほど大きくなくて電源付きでなおかつ安いこちらを購入。

マザーはA790GMH/128M
オンボードグラフィックでは最高性能を誇るAMD 790GXチップ搭載モデルです。
でもこれから買う人はWindows7でサポートされるDirectX10.1対応で動画再生支援機能が充実している
AMD785Gにしておきましょう。

CPUはAthlon II X2 250(3GHz)

どちらも今なら\9000程度のパーツですね。
他のパーツは余っていたものや前のPCからの流用です。

組み込んだ形としてはこんな感じ。奥行きが短いケースになってます。

光学ドライブは防塵・消費電力・必要性の観点から組み込みませんが
組込む場合は奥行きが相当短いもの、もしくは電源交換が必要になりそうです。

 

このケース、やっぱり安物でスチールの厚みがなくベコベコいいます。
だけどHDD用フレームのおかげか歪みづらくはなっているので
共振のような音は出ませんし、電源・ファンともに静音です。

足は本体一体型となっているので\100SHOPなどでゴム足を見つけておくとよいでしょう。

このケースの吸引口はフロントパネルの下と側面のCPU用パッシブダクトしかありません。
このパッシブダクトにフィルタを付けておけばある程度防塵対策になります。

窒息気味になるとは思うので発熱の高いCPUやグラフィックカードなどは増設しない方がよいと思われます。

 

さて次はWindows7へ

カテゴリー:パソコン活用

ニートでメタボなモデラー、長瀞アルプスに登る

プールいったら背中とひざ裏を痛めたHさぶろーです。

先週の高尾山の他に手軽に登れそうな山はないかと探したら
日帰りのライン下りで有名な長瀞にハイキングコースがあるようなので
とりあえずGO!

 

昼前ぐらいに家を出たけど現地に着いたのは14:50頃
思ったより遠くてさらに電車の本数が少ないうえ直通せず
何度か乗換えてやっと着きました。電車代、けっこうかかりました(つд`;)
 

しかも天気が悪くなってきて小雨がパラパラ
ダウンロードした地図によるとこのコースは3時間20分
計算通りだと暗くなってしまいます。

もちろん老若男女合わせての平均ですからもう少し早いでしょうけど
そこはメタボ、なんら保証はありません。

でもせっかく来たんだし(←だめシロート)
とりあえず向かってみることに

 

登ってみるとほとんどが藪の中
とにかくクモの巣が行く手を阻み
ヂバチらしきハチが自分の周りを周回してきます。

時間的にも急がないと危険と感じていたのでなんら楽しめないコースでしたね。


1、2ヶ所ほどひらけたところに出たのですが
そこに獣のフンらしきものが

フンは小さいし山の中とはいえ埼玉県あたりでまさか…
と思っていたら林のほうに猫がいました。
毛が伸びて半野生化してそうでしたがとりあえずホッ

 

コースの半分ぐらい行ってもまだ人に一度も会っていません。
クモの巣の状態といい誰もココ通っていないんじゃ…
もう休憩も落ち着いてとれないしとにかく急ぎます

 

やっと藪を抜けてひらけた山道に出ましたが
ここでも車すら通りません。大丈夫かよ

 

そして山道から登山口へ
 
毒キノコがあるのか…すると横には

いるのかクマー!!

 

人はいねーし何ら対策などないので
ときたま膝を叩いて音を出しながら向かうことに

ここからがけっこう急な道、しんどくなってきました。
クモの巣はなくなったけどハチはまだ飛び交い落ち着きません。

 
山頂へ到着。
ちょうど16:00ぐらい、けっこうなハイペースでしたね。
ここからはまっすぐ降りるコースなので明るいうちには降りれそうです。

そしてここでやっとロープウェイ会社の車に乗っている人を発見。
いくら平日とはいえ夏休みとっている人も多いだろうし
ここまで人がいないのはやっぱり何か間違って選択してしまったのか。

見晴らしはそれなり

少し降りるとロープウェイがあります。
そこでやっと観光客らしい人たちを発見。
山頂から降りる途中でロウバイがここの観光スポットということが分かるので
1,2月がシーズンのようですね。にしても人少ない。

 

休憩。景色を眺めていると崖下のほうになぜか猫がいます。
 
何やら眠そう。しかしなんでこんなところに猫が。

 

降りたらまだ明るかったのでライン下りできるかな
と思ったけどどうやら16:00には終了のようです。

せっかく来たんだし石畳は見てみようと行ってみたけど
遠目には結構な景色だけど近寄ると水はあんまりきれいじゃないし
岩にはペンキの跡がところどころについていてなんか残念。

17:00を過ぎたらほとんどの店が店を閉めてしまい閑散としてしまいます。

全体として寂れた印象が強かったですね。
古い観光地という感じで、少し洒落た店には人が入っている様子でしたが
それ以外はあんまり

やっぱりミシュラン評価は正しかったかな
手軽に行けて綺麗な高尾山は

ただ高尾山は道がオガクズ、沢、木の根っこで足元は気をつけないと
こちらは土の道で普通に歩けましたね。クモの巣さえなければ…
あと人と出会わないので何かあっても助けを呼べないから危険だな

さよなら長瀞、たぶんもう来ないだろう。

 

さて来週は…

カテゴリー:未分類

ニートでメタボなモデラー、高尾山に登る

最近椅子に長時間正対して座れないHさぶろーです。
つくづく運動不足を感じているので最近になって数年ぶりにプール行ったりもしてます。
25m泳いだら休憩します。(;´Д`)

 

体動かすことの理由付けでもあるのですが
人生のうち満足に体動かせていられる期間を
もう半分は消化しちゃっているわけで
ここらでニートであることを最大限利用し
やれることはやっておこうかなと

手始めのリハビリとして
都民のお手軽ハイキングコース、高尾山へ

新宿から1時間ぐらい、京王線片道\370
ちなみに都内の自宅から新宿までも\370
ゆりかもめで新橋から国際展示場までも¥370

 

ついたらケーブルカーにも乗らずに早速登り始めます。

うう、きつい。
舗装された道なのですがけっこう急な坂の連続。(そりゃ山だし)

ゆっくり歩いて体力を温存する自分の横を
孫と歩く老人や普段着の大人が通り抜けていきます。
もちろんネットで調べて事前に装備品を検討&購入していた自分は心の中でつぶやきました。
ふふっ、このシロートどもめ」<どっちが
無論彼らの背中を二度と見ることはありませんでした。

 

やっと途中の展望台まで到着。
 
さすがに見晴らしがいい。ここのビアガーデンで呑めれば旨いだろうね。

だが俺は貴様らとは違う!
この最大の分岐点で吊り橋方面の自然道へ


 
思った以上に険しいぜ
ほとんどの場所が片面断崖になっていて
狭いうえにかなりたくさんの人とすれ違います。
トレッキングシューズなのに滑るし

吊橋まではほとんど下っていくのでここからさらに山頂目指して登り始めます。

 

山頂に着いたぜヒャッホー!
 
でも全然見晴らし良くないですし
どこが山頂なの?ってかんじ

看板がなければ分からなかったところ
到着まで1時間半ぐらいでしょうか
 
同行していただいた少佐(19)はスーツ姿で余裕のようでした。
景色を楽しむだけなら展望台のほうがよいかもしれません。

このすぐあと、どうやら週刊アスキーの方がPC持って山頂の写真を撮ってました

 

さて下り道は沢沿いを一気に下るコースへ

さらに危険度が高まります。あまり下りでは選択しない方がよいかも。
でも俺のヒザは大爆笑さ(((((;゚д゚)))))

滝ではどうやら滝壺修業ができるようだけど
一般解放はしてないみたい。
 
なかなかの名言

 

当日の天気は曇りでしたが
涼しかったし、気にしていた虫もカナブンみたいのが体当たりしてくる以外ではあんまり見ませんでした。

ミシュランの陰謀にはまり軽く歩いてくるだけのつもりが
ガッツリ歩かされた感じ。(注:あくまでニートでメタボなモデラーの感想です)
でもウワサ通り東京とは思えない自然の中を歩けたなあとは思えます。

帰りには名物っぽそうなとろろそばを喰って終了です。

カテゴリー:未分類