ホーム > 版権モノ > WFお疲れ様でした.

WFお疲れ様でした.

まともにブログ書くのも久しぶり
書き方がわかりません・・・

 

今回のWFではガルガンティアブースでフィギュア(メカ?)コンペをやるってことで
初めは水着フィギュアいくかと意気込んだわけですが
某社よりアッというまに主要キャラの商品化が発表されてしまい
消去法からレドきゅんになりました。(ファンの方ごめんなさい

賑やかしにデフォルメ造るだけの予定だったのですが
コンペ参加少なそうな気配を察知し
「よし!ここで頑張れば目立てる」
などとよこしまな考えで通常バージョンのレドきゅんも追加したのですが
コンペでは見事惨敗し上位5位に入れませんでした(つд`;)

redoset01redoset02

落ち着いて見ても
自分の造るものって(コストバランス的に)商品として成立させようという意識が前面に出すぎていて
作品としてみるとどうにも面白くないというかふつーというか
まあ、あんまり面倒なもの造りたくないというのもあるのですが・・・

一応イベント販売ではそこそこご好評頂けたのでよかったです。

 

少年っぽいものを全身造ることも今までなかったので勉強になりましたね。

かなり前から鳴子ハナハルでフィギュア作れば売れると言っていた自分(アダルトディーラー)が
初の鳴子キャラで少年造ることになろうとは思いませんでしたw

鳴子キャラはかなりリアル等身や体型に準拠したスタイルなのでなかなか難しい。
少しでも見せるポイントを増やすためわざと腰で結ぶスーツの位置を低くして
腹筋を見せたりしてます。

redo06
レドきゅんのおしり

 

版権表記を書込むところがなかったので
今回小さい台座をつけてみました。
redo11

 

redo12
はじめカラーキャストにする予定はなかったのですが
パーツ割を見ると3色だけでもそこそこ雰囲気が出せるのではと実行

髪の毛は抜きを考えてわざと「ダルく」造っているので
毛先を尖らすとだいぶ仕上がりが違くなると思います。
ご購入された方は試してみてください。

 

なお、10/20のトレジャーフェスタ神戸では
試しに少量簡易完成品として販売してみようと思っています。

整形色を生かした塗装になると思いますが
+¥1万円の¥14000で考えてます。高いですかね?
完成品代行に出すよりは安いとは思うのですがどうでしょう

 

 

話を戻して

面倒だったのはチェインバー
形状把握がよくわからずディフォルメが結構適当なデザインで
そのうえ久しぶりのメカでかっこよく造りたいという欲求が出てしまい
思ったより大変でした。

ただの台座のつもりだったチェインバーが大きくなってしまったので値段設定間違えた気がします。

putiredo05

台座なのにかっこつけて顔をかなり下向きに造ってしまったので
(レド中心に)正面から見ると顔があんまり見えませんw

 

 

さて、そしてこのレドきゅんのために犠牲になったのが
水着ミクさん。
mikuS01

これは自作の素体に写真申請時の適当パーツをちょっと仕上げて写真サンプル提出したときのもの。

もともと自作素体ベースで可動のミクさんを造る予定にしてたのですが
どうにもアイデアがまとまらず
しかもWFでは猛者たちがこぞってミクさんを造っているとの情報を見ていたので
諦めました。

いつかまたやる気が起きれば造りはじめるかも・・・

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。